MENU

土日で声優専門学校へ!

声優専門学校は東京や大阪を中心にどんどん増えている印象ですが、中には土日だけでも通える声優専門学校もあります。
だけど土日に通えると言うだけで声優専門学校を選ぶのは禁物です。

 

声優専門学校は通えば誰でも声優になれるわけではなく、卒業してもさらに他のスクールや声優養成所で勉強を続ける方は多数いらっしゃいます。

 

土日だけのスクーリングで声優を目指すからには、声優専門学校選びは非常に大切!
声優になれるかどうかは、声優専門学校によって決まるとも言われるほどです。

 

 

 

わたしのおすすめ声優専門学校

わたしは大学を卒業してから土日だけで声優専門学校に通いましたが、今はなんとか東京の声優事務所に所属となり、声優のお仕事をさせてもらっています。

 

わたしの専門学校時代の経験や、現在声優として仕事をしている立場から、土日に通える声優専門学校でおすすめはアミューズメントメディア総合学院です。

 

土日に通える声優専門学校となると数はかなり絞られるのですが、全ての声優専門学校と比較しても、アミューズメントメディア総合学院はダントツでおすすめです。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

おすすめの理由その1:デビュー率の高さ

女の子

土日に声優専門学校に通うならアミューズメントメディア総合学院と言う理由には、卒業生の声優デビュー率の高さがあります。

 

声優専門学校に通う目的は人それぞれあるでしょうが、ほとんどの方は声優になりたいからだと思います。

 

声優専門学校の土日クラスには、趣味で声優の勉強をしている人も少なからずいますが、それはやはり少数派で、ほとんどの生徒が声優になりたいから勉強しています。

 

声優になるために声優専門学校に進むのであれば、声優専門学校を選ぶ際に大事なのは、その専門学校からどの程度の生徒が声優デビューしているかです。

 

声優デビューすると言うことは、声優事務所と所属契約を結ぶということです。

 

デビュー率を重視して声優専門学校を選ぶなら、土日に限らず全日制に通うとしても、アミューズメントメディア総合学院が最も良い実績を収めています。

 

2018年度の東京校の卒業生に関して言えば、卒業生の73.8%が声優事務所に所属となっています。

 

普通の専門学校の就職率で考えると高い数字でもないのかもしれませんが、声優専門学校の声優デビュー率では圧倒的に高い数字です。

 

声優専門学校によっては声優事務所へ所属となった生徒の人数を公表していないところも多いですが、声優業界で仕事をしていて、色々な声優仲間と話していればある程度の予測はつきます。

 

また、声優事務所へ所属となった生徒の人数を公表していない専門学校については、それほど良い実績ではないということも予測できます。

 

声優デビュー率が低いと思われる声優専門学校になると、おそらく10%を切っている専門学校も多数あります。

 

声優事務所の所属オーディションに合格できなかった場合には、声優事務所の附属養成所にまたお金を払って通うことになります。

 

その養成所に通うにもさらにオーディションがありますし、誰でも入れるわけではありません。

 

土日に休日を返上して声優専門学校に通ったって、結果としてプロの声優になれないのでは意味がありません。

 

土日に高いお金を払って専門学校に通うのだから、何が何でも声優になりたいと思うなら、声優専門学校選びで重視すべきは声優事務所に所属となった卒業生の数です。

 

声優専門学校に通うのは趣味ではなく、本気で声優としてお仕事をしたいと考えているなら、わたしはアミューズメントメディア総合学院をおすすめします。

 

 

 

おすすめの理由その2:産学共同の声優専門学校

女の子

産学共同とは、声優専門学校内でアニメコンテンツやラジオ番組の制作などを行い、生徒を声優として起用することで実践経験を積ませるやり方です。

 

大きな声優専門学校だと産学共同でやっているところはいくつかありますが、さらに土日クラスのある声優専門学校となるとかなり絞られてしまいます。

 

専門学生のうちから、実際の現場で声優の仕事経験を積んでおくことは非常に大切で、それ故に大手の声優専門学校では産学共同を取り入れています。

 

声優業界では毎年多くの新人がデビューしますが、みんながずっと声優の仕事を続けられるわけではなく、やはり多くの声優が消えていきます。

 

声優として節目になるのは、わたしの周りの人たちを見る限りでは3年目くらいだと思います。

 

声優のデビュー1年目は最も低いギャラからスタートします。1年目は実績がなくてもギャラが安いから使ってもらえることも多く、それなりに仕事が来ることもあります。

 

しかし新人だからといって甘く見てもらえるようなことはなく、目に止まらなかったら次は仕事をもらえません。

 

デビュー1年目でもしっかりと爪痕を残せる仕事ができるためにも、学生のうちから現場の場数を踏んでおくことは大切です。

 

卒業した声優専門学校によっては、アフレコの収録が初めてという声優さんもいますが、そのような人に比べて専門学生時代から仕事を経験してきた子は有利です。

 

声優はデビューしてすぐが勝負、はじめに使ってもらっている間に、いかにして結果を残せるかです。

 

デビューしてから最高のスタートダッシュを切るためにも、専門学生のうちから現場を経験しておくと武器になります。

 

声優専門学校の授業は、基礎訓練はどこもそれほど大差はなく、演技に関しては担当する講師によって左右されます。

 

しかし、学生のうちから現場を経験できるかどうかは自分で選択できるので、わたし個人的には産学共同の声優専門学校を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

土日で通える声優専門学校

わたしは大学生を卒業してから、フリーターをしながら声優専門学校を卒業しました。

 

大学を出たら自分の力で声優専門学校に行くと決めていたので、アルバイトをしながら通える土日開講の声優専門学校に絞って探しました。

 

そこで唯一見つかったのがアミューズメントメディア総合学院で、他の声優専門学校で土日のみで通える専門学校はありませんでした。

 

今回も改めて土日で通える声優専門学校を調べ直しましたが、やはり全国的にも土日で通える声優専門学校はアミューズメントメディア総合学院のみでした。

 

かなり小さな声優専門学校や新しくできた声優専門学校も入れるともしかしたら見つかるかもしれませんが、わたしが知る限りでは土日のみで学べる声優専門学校は、アミューズメントメディア総合学院のみです。

 

まずはアミューズメントメディア総合学院の資料請求をしてみて、できれば体験入学などにも行ってみることをおすすめします。

 

その上で自分には合わないと感じたら、土日ではなく夜間クラスを検討してみたり、全日制で声優専門学校に通えないか、再度検討してみることをおすすめします。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら